2018年やること・やらないことリスト –

2018年10月11日

 

活動報告2回目になります。

週4日で働いてる現場も無事仕事納めをし、安心して年を越せそうです。
今月は無事契約を更新できたので引き続き同じ現場で働かせて頂きます。

 

振り返りを行う目的(復習)

 

目的も一度だけでは忘れてしまいがちなので、復習します。
(復習はしつつも、適宜改善はしていきたいです。)

目的は以下の通りです。2018年も引き続きこれでやっていきます。
(まだ2回目ですが)

・自分の活動状況を公開してフリーランスの生活を可視化する。
(普通に生活しています。生きています。というのをお伝えする。)
・良いことがあったらドヤする。
・一年スパン、三ヶ月スパンでの目標の確認及び達成度合いの確認

 

新年の抱負

 

やること

 

・フリーランスとして1年間生き延びる。

これは一番の目標ですかね。念願のフリーランスにはなったものの、なるだけなら誰でもなれるのでしっかり収入を維持しつつまずは一年フリーランスとしてサバイブするということです。

 

・エンジニアとして特定の分野の技術を固める。

エンジニアの勉強すべきことってやっぱり多くて、勉強の時間は十分に取らないといけないのですが、やっぱり習得できる範囲というのは限られています。あれもこれもとならず自分のフィールドを決めてそこのフィールドでのレベルアップを図っていきたいです。今はRailsからフロントにかけてのところでReactについてもっと知識をつけて行ければと思います。

 

・より多くより、「より少なくより良く」

フリーランスは自由度が高く基本何をやってもいいんですけど、それで色々やってみたけどやっただけで終わってしまったというのでは身にならないので、ある程度注力する分野を決めてそこを掘っていきたいです。限られた資源を分散することなく効果的に集中していきたいです。

これは読書にも言えることで、たくさんの本を読むというよりはこれは良いと思った本を繰り返し読むという本の読み方に変えていきたいです。最近では、Amazonでポチッとするとすぐに本を買えてしまうのであれこれ読んでしまいがちなのですが、本の内容を忘れてしまっていたりするので一冊の本を通して理解できるまで繰り返し読むということをしていきたいです。

 

・活動報告を1年間継続する。

この一年ブログを書き続けてなんとか100記事達成できました。短期間で集中してというのも良いのですが継続することがその分野での深みや差別化になると思うので大きなインパクトはなくとも細く長く続けていきたいななんて思っています。

あとは、来年書き続けた記事を振り返ったりしたら、あの時こんなこと考えていたのねなんてことがわかったりして面白そうだからです。

 

・英語のドキュメントを読破する。

StackOverFlowくらいの英語なら読めるのですが、ドキュメントなどちょっと長めの文章になると体力が持たないです。。あとは一文一文の意味はわかるのですが文全体としての伝えたいことやサマリがパッと読みながら作れないので、英語のドキュメントを読むのが苦手で日本語のドキュメントに逃げがちです。

2018年はこいつを倒せるように、どれだけ時間かかっても良いので英語のドキュメントと向き合っていきたいです。

 

・収益性アップ。目指せ月10万円。

現状収入の口が少ないので、収入の口を二つ以上にしていきたいです。それの第一の矢としてこれと並行してサイトを作成したいのですが、そこで月10万円でもいいので収益を出していきたいです。

 

やらないこと

・興味・関心のままに多くに手を出さない。

これは日常の雑多なことに気を取られずにやるべきこと・重要なことに集中しようという戒めですね。やりたいと思ったらすぐにはじめず一旦、時間を設けてそのアイデアを練る時間を作る。他のタスクと比較して重要だと思ったら、何かを捨ててそのプロジェクトを始めるというプロセスをしっかり回していきたいです。

やろうとするとタスクは無限に増えていくので、どんどん雑多なことに時間を奪われてしまいがちです。これを意識して取捨選択して、リソースを効率よく使えるようになりたいです。

 

・部屋を散らかったままにしない。

やりたい作業があるとついつい周りの環境を整えずにやり始めてしまう癖があるのですが、部屋が散らかっていると集中力が保てません。仕事部屋の整頓もしていきます。

 

・働きすぎない、定期的に何もしない日を作る。

やるべきことをやらないといけないというのはありますが、年中無休でずっと働き続けるためにフリーランスになった訳ではないので、意識的に栄養補給の時間を設けます。意識的に仕事と関係ないことをするかあるいは何もしない時間を作る。これはどんなに忙しくてもやっていきたいです。

 

まとめ

全然関係ないですが、大晦日のAbemaTVの朝青龍の企画は、10年ほど前の大晦日のK-1のワクワク感を感じました(後半3人だけ)。

インターネットでこれだけ面白いコンテンツが見れるようになってきてるので、本当すごいなと思いました。テレビのコンテンツ自体が飽和気味(客観的に飽和しているかは知りません、個人的に面白いテレビが減ってきたなという意味です。)Abemaさんにはこのような面白い企画をどんどんやって行って欲しいなと思っています。

大晦日になんとなく見てみた番組で時代の変化が見れて嬉しかったです。今年は仮想通貨もありますし、こういった変化にもアンテナ張りながら、満足した一年が過ごせればなと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。