2018年。フリーランス一年やってみての振り返り。

新年はじまってしばらく経ってますが、一昨年末頃にフリーランス始めてざっくり一年が過ぎたので、少し振り返りをやってみます。

なんでフリーランスになったの?

フリーランスは就職活動の時期からぼんやりやってみたいなと思ってました。

フリーランスになりたいとは思ってましたが、その肩書きに執着があるわけでなく9時17時で言われた業務をこなす人生を過ごすよりは、自分の頭使いながら分野問わず挑戦したりダラダラしたりできた方が楽しそうだなと思ったからです。

そんな中一昨年末に会社を辞める決意をして次何しようかなと考えたところ、また次会社選んでも二、三年で辞めるならフリーランスとかちょっと色の変わったことやろうかなと考えて独立しました。

もうちょっと経験積んでかやった方がみたいな所も言われましたが、フリーランスはフリーランスでフリーランス特有のスキルみたいなものがあるから早めに経験した方が得では?(フリーランスはフリーランスで値付けだったり、営業の仕方だったり、帳簿つけたりなどなどは特有のスキルかもしれません) と考えて独立しました。

今のところ思い通りにならない部分もありますが、平準化すると順調で苦境という苦境もないのでこの頃考えたことは間違いではなかったようです。

フリーランスエンジニアなるには?ソフトランディング戦略でいってみよう

ふりかえり

フリーランスにも色々な面があるので、それぞれの面でふりかえってみました。

お金のはなし

増えました。まぁ会社員時代に比べると全然違いますね。

税金とか年金とか保険料とかもろもろ入れるとどうなの?という話はありますが、単純に自分の興味あることに経費としてお金使えて、その分の経験できるのでメリデメあるよねと考えてます。

短期的にみて金銭的、時間的な余裕ができてその余剰を自分のサービス作ったりとか、海外旅行行ったりとか、カンファレンス行ったりとかに使えるのでそこも含めてフリーランスになるかは考えないといけないんじゃないですかね?と思っています。

技術的なはなし

ReactもVueもやったことのない状態から、Rails一本でフリーランスとして独立して Rails, Vue, React, React Nativeなどの案件をこなして技術の幅と深さが広がった一年でした。

週6日で働いていた時が一番力が伸びた気がしていて、単純に週6日でRailsとReactのコードを 書いていたのでそれだけでだいぶ技術力をつけられたんじゃないかと思っています。

React, React Native, Expressあたりの仕事を行うにあたって英語のドキュメントを読みながら 作業することが多かったのですが、こういうところで英語の勉強しておいてよかったなと感じました。 英語をよんで技術を習得する力があると、ドキュメントの少ない技術も抵抗なく入れられるのでエンジニア×英語は ほんと大事ですね。とはいえ自分の英語力も大したことないので、技術力とあわせて伸ばしていきたいです。

人とのつながり的なはなし

フリーランスになってフリーランスの知り合いが増えました。

これは考えてみれば当たり前なのかもしれませんが、フリーランスや個人事業主ですと名乗ることで、 昔の知り合いから連絡もらえたり、同じような人と繋がれたりしたのでフリーランス始めたての頃には 考えていない嬉しい誤算でした。

気のせいか、会社員時代より知り合いも増え、知り合いも前向きで主体的にそれぞれの目標にむかって行動を しようという人が増えた気がします。 「今後こうようことしていこうと思うんだよね」 などなど未来志向の会話が増えた気がしています。

この先やりたいこと

一年通して、まだまだ未熟ではありますが技術的な成長や金銭面での充実やなど 順調なスタートが切れた一年でした。フリーランスとしてはまずまずのスタートを 切れて、ある程度落ちついてきたので、これを基盤にさらなる技術的成長を図ったり、 新しいことはじめたりしたいななんて思ってます。

昨年の初めにこんなことをかいていたのですが、まぁ半分くらいできたかなぁという感じですね。

2018年やること・やらないことリスト -

 

残念ながらエンジニアとして以外に収益月10万円なんて書いていますが、これは結構ダメでしたね。 個人で作ったサイトでぽちぽち1万円程度の売り上げが立つことはありますが安定性にかけるので、 この目標も引き続き継続してやっていきたいです。

リンクの記事に書いたRails+Reactで固めてやっていくというのもできましたし、1年間生き延びるのも できました。

昨年の目標完遂とはなりませんでしたが、まぁ最低限はできたのでOKとして2019年新たに計画練り直してやっていきます。

2019年は英語力の強化とエンジアリング事業(準委任の仕事)以外で価値を出すことなどをテーマにやっていきます。 英語力の強化のところでいうと2,3ヶ月ほど海外で仕事したり、英語で記事書いたりなんかもしていきたいです。

昨年は一年の目標みたいな感じのざっくりとした計画だったので、今期はもう少し3ヶ月スパンくらいのモチベーションが たもている目標を立てて活動してきたいです。

まとめ

フリーランスという働き方にたいしては賛否両論あると思いますが、ひとつのモデルケースとして 今後もこういった記事をあげられればななんて思っています。

フリーランスにはやっぱり向き不向きがあると思っていて「自分で考えて実行できる人」でないとやっぱり難しいのかな なんて思いました。

今エンジニアでそれなりに経験のある人だと、それなりの案件の受注はできて普通に仕事をこなしていれば 普通かそれよりいい暮らしができると思うのですが、それに甘んじると社員ほどお金のかからない労働力として企業に使われるだけ になってしまうので個人としてなんらかの色を出していきたいという人はぜひとも挑戦してみれば良いんじゃないでしょうか。

では。

フリーランスエンジニアが初めに選ぶオススメのフリーランスエージェント3選。