CoolなマークダウンエディタInkdrop!! マークダウンも使えて、モバイルとの連携もできる。

2018年1月30日

Coolなメモアプリ Inkdrop を見つけたきっかけ

 

知り合いのエンジニアさんからこのような記事を
教えてもらったのがきっかけで、
このアプリに出会いました。

Markdownエディタを作って月15万円稼ぐまでにやったこと — Inkdrop

まず記事のタイトルがなかなか興味をそそるので
じっくりと記事を読んでいきました。

記事を読んでみると、
アプリをグロースするに当たってなるほど!ということが書かれていたり、
かなり戦略的に考えて運営されているのが伺えました。

記事がよかったので、アプリもつい触ってみたくなり、
アプリを実際にダウンロードして触ってみました。

最初の印象は単純に
「え、かっこいい」
でした。

すごい表面的な評価ではありますが、
ファーストインプレッションて大事ですよね。

有料のアプリですが、
値段もお手頃 月5ドルだそうです。

とりあえず60日間は無料で使えるそうなので、早速無料で登録して使い始めました。
まだ、無料使用期間中ではありますが、
私のお気に入りのInkdropの良さをまとめてみました。

Coolなポイント その1 洗練されたUI

 

画像にもあるように、
UIがシンプルで、洗練されていて使っていてワクワクします!!

他のアプリとは少し違ったフォルムで独特な
配色のアイコンもまた良いです。

inkDropダークなUI

UIの好みも人それぞれですが、
こっちのダークなUIも渋くていいですよね。

各ペインがフラットに繋がってる感じとか、フォントとかが
絶妙で、眺めているだけでも楽しくなってきます。

普段使いのツールなので、
ユーザーをワクワクさせるアプリというのは強いですね。

 

Coolなポイント その2 開発体制

 

開発者のTakuyaさんですが、
Mediumのポストをみる限り、
企画・開発・運用・マーケティングまでを全部一人でこなしてしまっています。
しかも着実にプロダクトも成長し、
海外のユーザもいるという。

凄いの一言です。。
その一言につきます。

プロダクトに対して評価が下されるべきで、
何人で作ったかというのは本質的な部分では
ないのかもしれないですが、
やっぱり一人でこれだけのクオリティのものを
作れるというのは本当に凄いと思うし、尊敬します。

記事中で表明されているように、

僕はいわゆる「成功」を求めているのではなく、ただ今をより楽しく生きようとしているだけです。

というように自分のライフスタイルにや
エンジニアとしてのスタイルへの強いこだわりも
伺えます。

勝手ながらついつい応援したくなってしまい、
今後の課金は間違いないかと思います。

Coolなポイント その3 端末間連携

 

ポイントその3は

端末間で連携ができるし、オフラインでも使えるというところです。

マークダウンエディタは他にも色々と存在するのですが、
これは他のプロダクトとは一線を画しており、
モバイル版があるというのもイケているポイントです。

モバイル版もあると
出先で気になったことなどはその都度メモをして置けますし、
マークダウンを使えばブログの下書きを書いてしまうこともできます。

これらのメモは自動でデスクトップアプリにも同期されるので、
重宝しています。

ちょうどこういうアプリ欲しかった。
Evernoteなどクラウド上にデータを保存するアプリはいくつかありますが、
マークダウンは使えないですよね。

 

 

まとめ

 

UIがかっこよくて、
携帯と同期もできて、開発者の方も素晴らしくてという言うことなしの
inkdropを紹介してきました。

こちらは有料のエディタにはなるようですが、
月5ドル払う価値は十分あると断言できます。

私もこれまで綺麗なUIが特に気に入っていてMacでも
iPhoneでも楽しく使わせていただいてます。

今回は
inkdropの良いところをとりあえず、
3つほど上げさせて頂きましたが、
今後も機能が追加されていくそうですので、
どんな便利な機能が追加されていくのか
楽しみです!!

Inkdropの実装予定の機能 (vol.2)

 

個人的には、
・ファイルごとに同期させるか選べる機能。
・アプリが起動している状態なら、ショートカットキーで
最前面にウィンドウを表示してactivateしてくれる機能

 

があると嬉しいなぁ〜という感じです。

 

ぜひ使ってみてください。
オススメです。