Laravel5.1をMacにインストール。導入方法の解説。

2018年1月30日

 

 

どうも
個人では、
CakePHPを使っていますが、
会社でちょっと使うかもしれなくなったのでちょっと調べて見ました。

 

 

インストール

本当は、
5.2を使いたかったが、
phpのバージョンの関係で5.1を
インストール。

 composer create-project "laravel/laravel=5.1.*" sample

終わった。
だいぶあっさり

 

Databaseの設定

インストールして終わっては
つまらないので、
データベース設定まではやりましょうか

.envを編集


DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_DATABASE=your_database
DB_USERNAME=password
DB_PASSWORD=

 

とりあえず起動してみる

データベースの設定も終わったので
とりあえず下記のコマンドでビルトインサーバを
起動できるよう。

cd sample
php artisan serve

Laravel
そして、
http://localhost:8000に繋いで見ると
ものすごくシンプルな画面が出てきました。

以上です!

 

次チュートリアルでもやってみますかね。