Kotlin + SpringBoot のhtml、css変更後の再起動が面倒臭い。。の対処法

2018年8月26日

 

 

先日休日に
Kotlin+SpringBootを
いじっていたら

ある問題でストレスが溜まったのでこんなツイートをしてみました。

 

 

困ったツイート

 

そしたら、
世の中良い人はやっぱりいて、
解決策を教えてくださる人が現れました。

 

「spring-boot-devtoolsを
入れてくださいと。」

 

教えてくださったのが、
SpringBootに関して著書のある
槇 俊明さんだったので、
(感謝の返信をしてから気づきました汗)
迷うことなく、

gradleのdependenciesに追加しました。

compile("org.springframework.boot:spring-boot-devtools")

 

 

しかし、
これを追加してみただけではダメ
だったようで、
さらに調べたら
以下のようなページを見つけました。
https://dzone.com/articles/continuous-auto-restart-with-spring-boot-devtools

 

方法としては、

①あるウィンドウでgradle build –continuous
で継続的にビルド

②別のウィンドウでgradle bootRunして
アプリケーションを動かす。

になります。

 

これをすると
①がファイルの変更を検知してビルド、
②で起動したアプリケーションの再起動が
自動で行われるので、
いちいちウィンドウを切り替えて手動でSpringを再起動させる手間が省けます。

 

 

twitterで教えを受けて、
自分で調べてやってみましたが、
これでいいんですかね。

とりあえず手動でSpringを再起動する手間が省けるので、
状況は改善されました。
ご報告まで

 

はじめてのSpring Boot―「Spring Framework」で簡単Javaアプリ開発 (I・O BOOKS)