ビットコインって何?これからビットコインを勉強したい人にオススメする「初めてのビットコイン」

2017年12月22日

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

現在話題沸騰中のビットコインですが、
kabu-ka.net
kabu-ka.net
 

現在32万円弱といったところでしょうか。

と言いつつも、
値段は刻一刻と変化しています。

私も時代に乗り遅れてはいかんと
本を購入して少し勉強を初めて見ました。

 

 

ばん。

はじめてのビットコイン ビットコイン研究所 (著), 佐々木健二 (監修)

一時ビットコイン市場に影を落とした
マウントゴックスの破綻について触れつつも、
ビットコインに対する誤解を取り除きつつ、
ビットコインが何であるか、どういったメリットがあるか
解説しています。

 

 

この本の特徴的な点は、
今日でも金融資産として高い信頼性を有している金との
対比で、
ビットコインについて説明しています。

 

以下が共通点です。

1.総量が決まっている

 

金は鉱物資源であるので、
一般的に考えて有限な資源です。

一方でビットコインも、
採掘量がプログラムにより定義され、
2100万BTCを上限としています。

これは、
2040年くらいまでに全てが採掘される予定で、
ビットコインが有限であるゆえの希少性を発揮し
価値が高まっていくとされています。

2.政府や銀行に支配されない

 

金もビットコインも採掘して手に入るもので、
中央の発行体がありません。

政府や金融機関、企業から独立した存在で、
それたの破綻により価値がゼロになることがありません。

3.インフレを起こさない

 

これは、先に上げた1.総量が決まっている
ともかぶる部分はありますが、
総量が決まっていて、
採掘される量もプログラムによりペース配分がなされ、
一般的な国家の発行す通貨のように供給量が
増え通貨の価値が減少するということもありません。

4.換金性が高い

 

様々な国家の貨幣に換金できることも
魅力の一つです。

5.価値が上昇し続けている

 

金自体も様々な危機に直面しつつも、
長期的には価値が上昇していると言えるそうです。

ビットコインも明らかな上昇トレンドの中にあり
チャートを見ても割るように右肩上がりのトレンドになっています。

 

 

本書では、
金との共通点も指摘しつつ、
違いについても言及しています。

 

送金が早い・安い

 

ビットコインは上でもいったように、
「発光体」がないので、
送金の際に銀行などの仲介が必要ありません。

ビットコインの交換は
個人to個人での取引がメインとなり、
海外送金でも瞬時にほとんど手数料をかけずに
ビットコインを移動することができます。

金自体は、
金属ですので輸送自体にも
時間がかかるので、
こことがビットコインとの大きな違いになります。

 

まとめ

 

上にも書きましたが、
金との対比で書かれていたり、
ページ数も200P程度と多くなく
最初の一冊としては抵抗なく読み進めれ切れると思います。

ビットコイン入門の最初の一冊としてオススメです。

次は本書でも紹介されていた

でもよんでみましょうかね。

今後も価格の上昇が期待されるビットコイン
そのほか暗号通貨に興味のある方はこちらもどうぞ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin