Rails migratoinコマンドまとめ

2018年1月30日

Rails では
マイグレーションコードを書いておけば

rake db:migrate

とするだけで、
DBの変更などをとりくむことができます。

今回はマイグレーションコード
についてまとめてみました。

 


 

Migration Codeの実行

rake db:migrate

これを実行するだけで,
[Raisのルートディレクトリ]/db/migrate配下にある
マイグレーションコードを全て実行できます。

 

Migration Codeの個別実行

rake db:migrate:up VERSION=[バーション番号]

migrationコードを個別に実行したい場合は、
VERSIONオプションでバージョンを指定して
実行することができます。

バージョン番号とはマイグレーションコードの頭に着く
2017XXXXXXXXXXのような番号です。

ちなみにDBの変更を戻したい場合は

rake db:migrate:down VERSION=[バーション番号]

 
 

Migration Codeの状態確認

rake db:migrate:status

このコマンドでどのマイグレーションコードが
実行されているかを確認することができます。

これまで実行したかどうかはup/downで表されます。

まだ、実行していないmigration codeを表示する場合は、

rake db:migrate:abort_if_pending_migrations

です。

以上です!!