新卒から2年半でインドネシアへの海外赴任を実現させそうになった話

 

 

前の会社の話をさせていただくのですが、 私は新卒から2年半でインドネシア転勤を実現させました。

※実際のところは実現はせず直前で条件面で 不満が残り希望を取り下げたのですが 赴任1ヶ月前からプロジェクトに属さず、 海外赴任の準備や出張ベースでインドネシアに出向きサポートをし、 就労ビザ発行の承認も得ていました。

この記事は 社内で実現したいことがあるのに実現の方法がわからない方新卒入社まもなく、未だ目標の定まらない方 にぜひ読んで頂けたらと思っています。

私は新卒で150人程度の中小SIerに入社しました。 そこは中小には珍しく、 入社当初アジア3拠点に支社があり、 そのうちのインドネシアで働くことがその会社でできる一番面白いこと だと思ったのでそこで働くことを目標としました。

 

そこで、「インドネシアへの海外赴任を実現させる」 という目標のために私は

  • 海外赴任より先に現地に行く
  • 継続的努力をアピールするために資格取得!
ということをしました。

 

 

海外赴任より先に現地に行く

海外赴任より前に、先に現地に行きました。そう自費で

自費でもインドネシアの場合は往復で 飛行機 + ホテルで 7万円程度なので 夏休みの海外旅行も兼ねて行ってきました。

 

もちろん、観光でモスクを見学したりしたのですが、 観光だけでは終わらずに現地の支社の方と 連絡を取ってご飯を食べて現地の仕事の様子を聞くなどしてきました。

 

これは自分でもなかなか効果的だったと思っていて、 夏休みから帰ってきた時に役員の方に 「インドネシア行ってきたんだってな!!」 など声をかけて頂き そこで効果的な動きができたと実感できました。

会社の方としても、 一度も現地を見たことない人をいきなり赴任させるというのは、 現地に順応できないなどの不安があるので 先に現地を見に行ってみるというのは、 やる気 + 会社の海外派遣させる不安の解消に ダブルで役に立つと思います。

 

別に海外赴任するのにこれがマストである ということではないですが、 何か社内で実現しようと思うことがあるのであれば「あいつは本気だ」 と思われるというのは重要なことですね。

 

やっぱり本気の人は周りにもそこを認めて接してくれるものだと思います。

 

 

継続的努力をアピールするために資格取得!!

資格は知識習得のためではなく、 継続的な努力の証として取得のための勉強をしました。

幸い会社には資格試験に合格するごとに 全社的にアナウンスされるシステムがあったためアピールに最適の方法でした。

資格取得の目的は様々なものがあるのですが、 私の場合は、 「彼はインドネシアに行きたいみたいだけど、継続して努力しているな」 というのをアピールするために絞りました。

もちろん勉強した資格はTOEICやLPICなど 現地で必要なスキルをリサーチし、勉強する項目を選定しましたが、 知識習得は二次目的でした。

 

まとめ

以上二つのことを実践した結果入社から三年で、 社員として初めてインドネシアへの海外赴任を達成しそうに?なりました。

ここに書いたことは、 あくまでも経験に基づいた目標に対するアプローチの例ですが、 基本的には周りの人をワクワクさせるような目標を掲げて 努力していけば必ずや時間がかかっても実現できるものだと信じています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。