【Vagrant】 Vagrant ssh の設定の変更

2018年8月26日

今回はVagrant sshの話です。

Vagrant は vagrantでupした後に
vagrant ssh で 起動したvagrant boxにsshで接続できます。

Virtual Box とかだと、SSH serverはもともとインストールされているので、
問題はないとしても ホストオンリーアダプタの設定とかは
結構面倒臭いですよね。

vagrant だとサーバー起動してからsshでつなぐまで
設定が入りません。

が、
vagrant ssh をrootでつなぎたい別のユーザでつなぎたいなど
あるかと思います。

そんな時は、
Vagrantfile に設定を書くことで設定を変更することができます。

config.ssh.username = "hoge"
config.ssh.password = "hoge"
config.ssh.host = ""
config.ssh.port = ""
config.ssh.private_key_path = ""

これで
vagrant reload で設定ファイルを読み込んで
vagrant ssh-config
すると設定が変わります。

また、
vagrant ssh-config >> .ssh/config
として
ssh のconfigを設定してあげることもできます。

vagrant は設定で色々できそうなので、
時間あるときにもう少し知識つけていきたいですね。